絵手紙とは?
  • 絵手紙レッスン
  • 絵手紙道具
  • 『月刊絵手紙』
    • 最新号
    • 推薦号
    • バックナンバー
    • お申込み
  • 公式教本『絵手紙をかこう』
    • お申込み
  • 絵手紙を見るには
    • 投稿ギャラリー
  • 絵手紙を体験するには
  • 絵手紙でできる社会貢献

絵手紙道具

筆墨のすすめ
使用する筆記用具に決まりはありません。しかし筆でかいた墨の線は、滲んだりかすれたり太くなったり細くなったりと、心の動きをそのまま紙に伝えてくれます。思いきって使ってみましょう。


毛筆
絵手紙では線書き用(線書き筆)と色つけ用(彩色筆)の二種類を使います。

柔らかな濃淡が美しく、顔彩の色と馴染みのいい*青墨[せいぼく]をおすすめします。
*青墨[松煙墨(しょうえんぼく)]:松の煤[すす]と膠[にかわ]で作られた墨

硯【すずり】
小学校の習字で使っていたようなもので構いません。使ったあとはよく洗っておきましょう。
 

顔彩【がんさい】(絵の具)
顔料と膠[にかわ]で作られた日本画用の絵の具です。
日本の伝統色を基本とした透明感のある色合いが特徴です。18色程度あると使い勝手が良いでしょう。

梅皿(パレット)
色合いを調整するためのパレット。手持ちの白い小皿などでも代用できます。

筆洗(水入れ)
筆を洗う容器。ビンやコップでも代用できます。

画仙紙【がせんし】はがき
墨の濃淡やにじみなどが美しく出る画仙紙[がせんし]はがきをおすすめします。
紙質によって発色やにじみ具合が様々なので、好みのものを探してみましょう。

印と印泥【いんでい】(朱肉)
最後に押す印。消しゴム印なら爪楊枝でも彫ることができます。
印泥は練ってから使う朱肉のことをいいます。

ティッシュペーパー
筆に含みすぎた水分、色、墨を吸い取り、調整するために使います。

下敷
書道用と同じもので構いません。新聞紙でも代用できます。

絵手紙道具をお探しのかたへ
日本絵手紙協会推薦の絵手紙道具は協会事務局(東京・大阪)、大崎ウエストギャラリー(東京)、栄村国際絵手紙タイムカプセル館(長野)で販売しています。または絵手紙(株)の通信販売をご利用ください。
また、書道道具店や画材店、文具売り場などでも類似の道具類が販売されています。